ビックリチェンジ脱毛術

男性が気になっている女性のムダ毛は実はココ!

女性って脇やすねや腕なんかのムダ毛ってすごく気にしているので何らかの方法でみなさん処理をされているので、今時ムダ毛ボーボーの人なんていないと思います。
でも1箇所落とし穴があるんです。
実はこれ私も友人に指摘されて始めて気づきました。
それはズバリ指毛です。きれいにネイルしている人にも生えている指毛。
爪は綺麗のに指に毛が、と言われたのは私です。
私は全身カミソリ派なんですが、こんなところ全然剃るという概念がなかったです。
自分ではあまり指毛って気にならないんですよね。
男性ほどモサモサ生えているわけではありませんが、目で見て生えているのはわかります。
注意すべきは手の指だけではありません。足指もです。
本当男性ってよく見ているなと思いました。
芸能人でも指毛を生やしている?処理忘れ?の人がいて視聴者がネットに書き込んでいるくらいなんで意外と目につくってことでしょうね。
指毛以外では鼻の下、いわゆるヒゲです。
処理はしているんでしょうが、ちょうど口角のところが男性のそりあとみたいに黒いプツプツになっていると100年の恋も冷めると主人に言われました。
ちなみに私のことではなく一般論らしいですが。
女性と男性では見ているところが違っているのでお手入れに気合がはいっちゃいます。

永久脱毛をしたらとりあえず旦那に見せて自慢する(笑)

私の周りの友人は結婚前には永久脱毛をしている人が多かったです。
私は人に脱毛をしてもらうのが恥ずかしかったので永久脱毛したら楽だろうなと思いつつ
踏み切ることが出来ませんでしたが妊娠、出産を経て思うことは独身のうちに永久脱毛を
しておけば良かったということです。出産をして子供に手がかかるようになると自分のことに
時間をかけられなくなるので、ムダ毛処理がおぼつきません。

自分の好きな洋服を着たいと思っても、ムダ毛処理があまかったら嫌だなと思って
少し袖の長めの服を選んでみたり、なるべく肌を露出しないようになって来ました。
永久脱毛をしたら思いっきりおしゃれを楽しみたいです。暑い時に汗を拭くのにも
脇の下を全開で見えるように腕をあげて拭くのは恥ずかしいので下からタオルで
押さえるように拭いているので、脇の下が見えても大丈夫という自信が欲しいです。
腕や脇の下や背中が多少見えても、肌がキレイだなと思われるようになったらうれしいです。
まずは旦那に背中とか脇の下を意味もなく見せて自慢をしてしまいそうな気がします(笑)
男性は見せられても困ると思うのですが、見せて自慢出来るのは友人でもなく両親でも子供でもなく
旦那だけかなと思っています(笑)

全身脱毛をしたのなら

全身脱毛をしたいと思っているのですが、まだ行ったことがありません。
いつかしたいな、と思っているんですけどね…。
全身脱毛をしたのなら、私がしてみたいのは、好きな服を着るってことです。今でも好きな服を着てるんですけど、やっぱりどうしてもムダ毛のことが気になってしまって、露出が少ない服を選んでしまったりすることが多いです。なので、本当に好きな服を着ている、とは言うことができないと思っています。
最近の流行りの服では、袖が無いタイプのものが多いですよね。流行っているだけあって、いろんなデザインのものがあるので、私が好きなタイプのものもあります。だけど、ムダ毛のことが気になってしまって、購入するまでにはいたりません。欲しいな、とは思うんですけど、実際に着るとなってくると、ムダ毛のことが気になってしまってうんですよね。
なので、私が全身脱毛を行ったのなら、好きな服を着て、おしゃれを楽しみたいと思います。おしゃれを楽しむことができたのなら、いつもよりも外に出かけるのも楽しくなりそうですしね。他にも、水着を着てプールなんかにも行きたいです。全身脱毛をしたのなら、今まで我慢していたことも我慢しなくてもよくなるんですよね。

ムダ毛を残したまま実家で銭湯へ

年末年始に数日間過ごす予定で、主人の実家に帰省しました。
寒い地域の田舎ですので、出掛ける場所もなく、子供たちも退屈していました。
しかし日程も短期だったので、今回はずっと家のなかで過ごすだろうなと思っていました。
ところが実家の母が、子供たちが退屈しているのがかわいそうだから、みんなで銭湯に行きましょう、と言い出しました。
私は、そういえば脇の下のムダ毛の処理をしていないことを、言われた瞬間思い出しました。
しかし、最近処理したばかりだったような気がしたので、気になるほど生えてきてないだろうと思いました。また、今から処理することも時間的に不可能だと諦めて、何も考えないようにして、一緒に銭湯に入りに行きました。

銭湯では、なるべく腕を上げないようにして、ささっと体を洗い、湯船に浸かっていました。
その後、自宅に帰って来て、お風呂に入るときに、洗面所の鏡を見てギョッとしました。
わき毛が、ボーボーだったのです。こんなにボーボーで、人前に出ることなんてなかったというくらい、たくさん生えていました。
私は、銭湯で自分の脇の下を見なくて良かったと思いました。こんな脇の下をしていたら、恥ずかしくてきっと銭湯に入ることはできなかったと思いました。
しかし、どんな季節であれ、出掛けるときは、必ずムダ毛処理をしておかないといけないな、としみじみ思いました。

塩分の濃い温泉が肌に染みて痛かったです

ムダ毛が濃くて気になるので、2日に1回の割合で、カミソリでムダ毛を剃っています。念入りに処理をするので、つい手に力が入って、剃った後に肌が粉をふいたようになってしまうことが多いです。けれども、処理した後は、クリームを塗れば肌がしっとりして落ち着いていました。そして、生活のうえで特に大きなトラブルはなかったので、自分の肌の状態が酷いという自覚はありませんでした。
肌の状態が酷いと分かったのは、旅行で友人と一緒に温泉に入ったときです。泊まったホテルの大浴場には、天然温泉や、薬草の成分が含まれた温泉など、数種類の温泉がありました。どの温泉も心地よく、長い時間お湯に浸かることができました。けれども、一つだけ、すぐにお湯から出てしまった温泉がありました。
その浴場には、死海の塩を使った温泉がありましたが、お湯に浸かって少ししたら、肌がヒリヒリと痛くなってきました。一緒にいた友人に聞いたところ、友人は痛くならなかったそうです。周りを見渡しても、皆、普通にお湯に浸かっています。
どうやら、カミソリでムダ毛処理をしたことによって、目に見えないくらいの無数の傷が肌にできてしまったようです。そして、傷口から塩分の濃いお湯が入り込んで、肌が染みて痛くなったのだと思います。死海の塩を使った温泉は、それまで見たことのない珍しい温泉だったので、もっと長く浸かっていたかったです。旅行は楽しかったですが、温泉だけが心残りでした。
7月限定ピース割!200円で両ワキ脱毛し 放題。売上・店舗数No1脱毛サロン。 ミュゼ


脱毛サイトはこちら